令和2年度 生駒市立 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 76 47 90 127 137 190 284 600 670 325
令和2年度患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
年齢は入院時の年齢です。
当院の入院患者さんは60歳以上に占める割合が全体の73.8%、80歳以上が39.1%と高齢の患者さんが多く占めています。
入院患者さんの疾患として、当院の多くを占める60歳以上の患者では、消化器系疾患が25.5%、循環器系疾患が17.4%、呼吸器系疾患が14.8%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科;消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 62 28.76 20.51 10.17 87.66
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 31 3.11 2.66 0 70.89
100380xxxxxxxx 体液量減少症 29 16.31 10.51 13.79 82.83
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 20 23.25 13.00 10 83.65
050130xx9900xx 心不全 18 18.39 17.23 5.56 88.89
COVID19蔓延化対応一貫として有熱外来新設並びに近隣介護施設等からの救急要請としての発熱患者の増加に伴い、急性感染症疾患として肺炎(特に高齢者の誤嚥性肺炎)、腎尿路感染症並びに急性胆道感染症(胆管炎/胆嚢炎)患者数増加を認めます。
これらの内、後二者は各々泌尿器科及び消化器内科との綿密な連携の下、適切なドレナージ等の専門的対応含めて幅広い対応を行っております。加えて、急性腸炎等に伴う高度脱水に伴う循環不全等に対しても、合併する急性腎障害に対する腎代替療法並びに高齢患者の基礎疾患としての慢性心不全も含めての循環管理に於いて各々透析部(腎泌尿器科)並びに循環器内科との連携で高度な対応を行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 37 2.49 4.44 0 71.16
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 32 25.78 20.51 12.5 87.34
050130xx9900xx 心不全 31 18.94 17.23 6.45 86.13
050130xx9902xx 心不全 20 30.8 24.18 10 86.1
100380xxxxxxxx 体液量減少症 15 31.4 10.51 20 83.13
最も多い症例は虚血性心疾患となっています。虚血性心疾患に対して冠動脈造影検査等を用いて診断し、病変が認められた際は、引き続きステント留置などのカテーテルインターベーション(PCI)治療を行なっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 40 5.28 6.13 2.5 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 8 5.38 11.19 0 0
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 3 2 2.12 0 1.33
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 - - 5.86 - -
080270xxxx0xxx 食物アレルギー - - 2.44 - -
当科では全般的な一般小児科診療を行っております。
呼吸器・消化器感染症、川崎病などの外来や入院を随時受け入れています。
外科とも連携し、虫垂炎などの外科疾患にも対応しています。
午後は専門外来を行っており、アレルギーや気管支喘息の診療や入院での食物負荷試験も行っています。
消化器外来では便秘症や血便等の精査加療・経過観察を行っています。
産婦人科と連携し安心してご出産できるように取り組んでいます。
2021年10月からは北和小児救急2次輪番体制に参加し、夜間の小児救急患者へ対応も開始します。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 35 4.14 4.86 0 67.29
060150xx02xxxx 虫垂炎 25 7.16 9.76 0 38.96
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 22 10.5 9.08 4.55 73.5
060035xx99x6xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 19 4.11 4.51 0 65.47
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 17 17.06 20.51 5.88 88.53
疾患名別では鼠径ヘルニアが35例と最も多く、次いで虫垂炎が25例で続く実績です。他にも腸閉塞や胆石症の良性疾患も数多く入院加療しており、悪性疾患では胃癌や大腸癌、食道癌、膵癌、乳癌、胆管癌などを幅広く入院加療しております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 52 3.31 2.74 0 75.46
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 44 2.98 3.07 0 68.27
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 14 6.86 5.28 7.14 48.21
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 13 9.85 4.76 0 76
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 13 10.46 12.87 0 70.85
当院では下肢静脈瘤や眼瞼下垂症に対して短期入院で積極的に対応しています。日帰り手術にも対応しますが、地域の高齢者層に多い疾患でもあることから、「患者様の要望」や「安全、安心できる対応」を考慮し、なるべく短期入院での治療を提案しています。
2次救急施設としての顔面外傷のfollow up症例も多く、全年齢層に対応しているため外傷手術症例も増えています。
形成外科の地域診療での需要として最も多い「皮膚・皮下腫瘍」の外科治療は、治療件数も多く、腫瘍サイズが大きいものや高齢・部位的リスクが高い症例では入院治療を要するため、それらの入院件数を多く対応しています。
皮膚悪性腫瘍については、近隣の皮膚科開業医や院内皮膚科からの紹介による外科治療を積極的に受け入れており、早期治療に結びつけています。
他にも褥瘡・難治性潰瘍の治療についても力を入れており、地域の医療・介護施設からの転院治療の件数を増えています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 46 8.13 9.45 0 34.22
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 22 7.5 9.57 4.55 46.09
120140xxxxxxxx 流産 14 1.21 2.42 0 34.36
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 12 6.17 8.43 0 74
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 10 7.4 6.16 0 30.1
当院では、合併症のあるハイリスク妊娠を積極的に受け入れています。
入院日数を少なくするため基本的に手術当日の入院としています。
また、術後の早期歩行を行い治療期間短縮による患者様への負担軽減を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 25 4.92 7.13 0 72.68
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 22 2.05 2.54 0 70.23
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 14 4.14 5.67 0 62.5
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 - - 8.52 - -
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 - - 9.28 - -
当院では膀胱腫瘍、前立腺の悪性腫瘍、腎・尿管結石等の上部尿路疾患の患者さまの入院が上位となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 2 1 2 9 2 1 8
大腸癌 8 6 1 19 17 16 1 7,8
乳癌 - 3 16 5 10 1 1 7,8
肺癌 1 1 5 3 3 1 1 8
肝癌 3 3 - - 2 - 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる、胃がん、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、及び再発に分けて集計しています。UICC病期分類とは、国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期~Ⅳ期の4病期(ステージ)に分類するものです。
令和2年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合をさします。「再発」とは当院、他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者さんを診察した場合や、がん寛解後に局所再発、再燃または新たな遠隔転移をきたした場合をさします。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 8 5.38 48.13
中等症 52 15.23 82.96
重症 17 29.18 83.88
超重症 5 22.2 86.2
不明 - - -
比較的若年層では重症度の低い患者さんが多く、重症度が上がるほど、年齢が高齢化する傾向が見られます。嚥下性肺炎は入っておらず市中肺炎のみの統計ですが、感染性の市中肺炎でも高齢者ほど重症化して入院され、入院期間も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 14 18 82.36 16.67
その他 10 18.6 79.4 12.5
国民病ともいえる脳卒中。血管が詰まれば脳梗塞、血管が切れると脳内出血もしくはくも膜下出血となります。脳梗塞は血管が動脈硬化で詰まる血栓症と別の部位から塞栓物質が流れてくる塞栓症があります。脳出血は脳実質に出血をきたすため高血圧症や血管奇形が原因となります。くも膜下出血はくも膜と脳本体とのすき間に出血します。ほとんどが脳動脈瘤破裂によります。これまでに経験したことのないような激しい頭痛はくも膜下出血を疑う症状で緊急対応が必要となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科;消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 43 2.73 2.67 0 67.33
K654 内視鏡的消化管止血術 13 8.2 21.3 10 73.2
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 10 2.5 19 0 70.75
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
消化管並びに肝胆膵疾患に対する診断/治療に加え、内視鏡部及び放射線科との連携の下、
① 上部消化管出血に対する各種止血術(胃食道静脈瘤に対する硬化療法/結紮術並びに血管塞栓術を含む)並びにポリープ等に対する粘膜切除術
② 下部消化管出血に対する各種止血術並びに特に大腸腺腫を対象とする粘膜切除術
③ 胆膵領域に対する経皮的並びに内視鏡的診断及び治療(乳頭切開術/砕石術/ドレナージ術/ステント留置等)
④ 肝腫瘍に対する局所穿刺療法(RFA/PEIT)並びに血管塞栓術  等を行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 43 0.79 3.47 0 73.56
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 13 5.62 15.77 0 81.85
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 7 0.71 1.14 0 76
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
最も多い症例は虚血性心疾患となっています。虚血性心疾患に対して冠動脈造影検査等を用いて診断し、病変が認められた際は、引き続きステント留置などのカテーテルインターベーション(PCI)治療を行なっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 29 0.28 2.76 0 68.48
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 2.2 4.36 0 64.08
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 22 0.27 6.27 0 39.64
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
手術別では鼠径ヘルニア手術が39例と最も多く、次いで腹腔鏡下胆嚢摘出術が25例で続く実績です。他にも開腹手術と腹腔鏡下手術を適宜選択しながら、虫垂切除、胃切除、結腸切除、乳癌手術などを多く手掛けております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 50 0.74 2.1 0 76.06
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 41 0 2.05 0 67.56
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 27 12 29.04 7.41 73.56
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 15 0.13 8.67 0 75.53
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25~100cm2未満) 11 4.18 38.91 0 70.64
当院の形成外科では下肢静脈瘤については血管内焼灼術による治療を日帰りもしくは1泊2日での短期入院で積極的に対応しています。下肢の疾患については手術以外にもフットケア治療やインソール療法、フットケア・リハビリテーション、重度な虚血壊疽に対する外科的治療にも対応しています。下肢虚血を認める場合には院内循環器科とも連携し、必要な症例には血管拡張術による治療も実施しています。
眼瞼下垂症については高齢者の年齢的な腱膜性眼瞼下垂が最も多く手術していますが、若年者の先天性眼瞼下垂症や、若年層~中年層にも多く見られるコンタクト性の腱膜性眼瞼下垂、皮膚弛緩性眼瞼下垂についても積極的に外科治療で対応しています。
褥瘡や糖尿病性足壊疽などの難治性潰瘍については、入院診療で集中的に創部の改善につなげています。
潰瘍や悪性腫瘍での皮膚欠損に対して外科的再建術を提供することで、整容的な満足度や創部疼痛の改善、早期離床が得られています。
地域における形成外科拠点施設としての役割が、手術件数に反映される結果となりました。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 26 0.88 5.92 0 35.46
K877 子宮全摘術 22 0.23 6.86 4.55 50.95
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 21 0.86 6.43 0 32
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 15 0 0.07 0 34.07
K8872 卵巣部分切除術(腟式を含む)(腹腔鏡) 9 0.33 6.33 0 30.11
予定帝王切開は原則手術当日の手術とし、術後の創痛の少ない皮膚横切開を取り入れ、術後も平均5~6日で早期歩行を行って、平均在院日数が少なく患者様への負担軽減に寄与しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 24 0.96 3 0 72.79
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 16 1 2.13 0 62.31
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 7 3 7.43 14.29 68.43
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) - - - - -
当科の手術は内視鏡を用いた経尿道的手術を行っているため、患者様への負担が少なく、短期間の入院で治療を行います。前立腺癌を初めとした尿路性器悪性腫瘍、尿路結石、閉塞性尿路疾患、過活動膀胱、尿路性器感染症などの泌尿器科主要疾患を中心に加療しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.43
180010 敗血症 同一 9 0.35
異なる 20 0.79
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.08
異なる 3 0.12
180040 手術・処置等の合併症 同一 9 0.35
異なる 1 0.04
肺炎、消化管穿孔、術後縫合不全などの感染症が重症化し、敗血症やDICという重篤な合併症を引き起こすことがありますが、人工呼吸管理、栄養治療、血液浄化法などの集中治療を行い、回復を図ります。
手術の合併症については、起こりうる合併症について事前に十分な説明を行い同意を得たうえで術式を選択し、極力合併症を起こさないように努めております。
真菌症感染については眼内炎などの重篤な合併症を引き起こす危険があるため、診断が遅れないよう留意し診療にあたっております。
更新履歴
2021.09.28
令和2年度 病院情報を公開しました。