お問い合わせ よくある質問 交通案内

臨床工学科

現代医療において、高度医療機器が重要な役割を果たしています。中でも生命維持管理装置(心肺補助装置や人工透析装置、人工呼吸装置など)は、患者さまの生命に直接影響することから、装置の操作や点検・保守管理は非常に重要になってきます。それらを担うため、当院でも臨床工学技士が24時間・365日、オンコール体制で活躍しています。

●医療機器の中央管理

院内の医療機器の稼働状況を把握し、特に人工呼吸器や体外式ペースメーカーなどの生命維持管理装置が稼働中であれば、正しく安全に稼働しているかどうか、点検業務を行っています。また、機器の安全性や精度を保つことを目的に、院内の医療機器に対し随時定期点検を行っています。

●技術提供

・代謝領域[人工透析室][腎臓泌尿器科

当院人工透析室では、医師・看護師と連携をとり、透析導入期や入院中の透析を中心に行っています。また、人工透析装置の保守点検業務やICUでの緩徐式濾過透析(CHDF)や腹水濃縮再静注療法などの業務も行っています。

・循環領域[循環器内科

CAG(心臓カテーテル検査)室

狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患から下肢の閉塞性動脈硬化症などの検査や治療が円滑に行えるよう、医師・看護師・診療放射線技師と互いに連携をとりながら業務のサポートを行っています。患者監視装置(ポリグラフ)や血管内超音波(IVUS)装置などの操作・管理に加え、大動脈バルーンパンピング(IABP)や心肺補助装置(PCPS)などの補助循環装置などの緊急時に使用する機器も扱っています。

・不整脈領域

ペースメーカー植込みの手術に立会い、プログラマーの操作や設定、患者さま・ご家族さまへの退院時説明を行っています。また、定期外来では、ペースメーカー患者さまのフォローアップ業務を行っています。

・内視鏡領域[消化器内科

内視鏡システムの点検や管理、治療時に使用する各種モニターや電気メスの点検を行っています。内視鏡センターで行われる上下部消化管内視鏡検査に加え、透視室でおこなわれる逆行性膵・胆管検査(ERCP)や各治療にも対応しています。検査中は看護師と共に、医師のサポートを中心に行なっています。

・手術領域[手術室

手術室にある医療機器(全身麻酔器、電気メス、ダ・ヴィンチサージカルシステムなど)の始業点検を主に行っていますが、ダ・ヴィンチ サージカルシステム使用時や操作が複雑な高度医療機器を使用する際には、手術の立会を行っています。

●医療機器取扱講習

医療の安全を確保するため、医療機器を正しく使用していただくよう、定期的な講習会やマニュアルの作成を行っています。より専門的知識が必要な機器に関しては、該当機器のみならず病態生理などの知識を含めた講習会の開催を心掛けています。

●スタッフ紹介

臨床工学技士 2名

  • 認定資格
    3学会合同呼吸療法認定士 1名
    体外循環技術認定士 1名
    第一種消化器内視鏡技師 1名
    心血管インターベンション技士認定 1名
    医療機器情報コミュニケーター認定 1名
  • 所属学会
    日本臨床工学技士会
    奈良県臨床工学技士会
    大阪府臨床工学技士会
    日本体外循環技術医学会
    日本人工臓器学会
    日本消化器内視鏡技士会
    日本心血管インターベンション治療学会
    日本医療機器学会