お問い合わせ よくある質問 交通案内

形成外科

日帰り手術・短期滞在手術

生駒市立病院の形成外科日帰り手術の特徴

形成外科では手術後の傷が可能な限り最小になるように、目立たないように配慮して行います。仕上がりが綺麗な傷は治りも良く、術後の痛みも最低限で済みます。
日帰り手術は、一般的には注射による局所麻酔を効かせて実施します。患者様にとって「想像していたほど痛くなかった」と言っていただけるように、様々な工夫と努力をしております。

「痛くない手術」を目指して

30G針

当院では局所麻酔の針は基本的に30G(直径0.3mm)という非常に細い針を用いて行います。針を刺すときの痛みが緩和されます。(全例対応)

最低限の外来通院

抜糸のために約1週間後に再診が必要になります。それまでの創部管理は自己処置ができるように配慮します。お仕事などでお忙しい方でも、最低限の来院回数で手術が可能です。

リラクゼーション

手術をリラックスして受けてもらえるように、患者さんの好みに合わせて音楽やアロマテラピー(希望者のみ)を提供します。

リラクゼーション

対応している疾患

「皮膚のできもの」の治療

  • ほくろがガンではないか心配。
  • 皮膚科で粉瘤と言われた。
  • しこりが出来て、気付いたら大きくなり不安。
  • できものが出来て触ると痛い。
疾患1

「きずあと・ひきつれ」の治療

  • 怪我の傷跡がつっぱり、曲げ伸ばしで痛む。
  • 手術の痕が盛り上がってきた。
  • やけどの跡が目立つ。
  • 擦り傷に砂がまぎれ込み、黒ずんでいる。
疾患2

治りにくい傷(皮膚潰瘍)に対する治療

  • 怪我が自分で処置していてもなかなか治らない。
  • 大きなやけどを受傷して、深そう。
  • 足に知らない間に傷ができており、広がってきている。
疾患3

眼瞼下垂症(日帰り~2泊3日)

  • 上まぶたが視野にかかり見えにくい。
  • おでこにシワが入るくらい頑張って目を見開かないと視野が開けない。
  • まぶたが上げにくい影響で肩が凝ったり、頭痛がするようになってきた。
疾患4

副耳・耳垂裂など耳に関する小手術

  • 生まれつき耳の前方に小さな膨らみがあり、気になるので切除したい。
  • 耳たぶにピアスをしていたら、裂けて耳たぶが割れた。
疾患5

「あざ」の治療

  • 生まれつき体に黒っぽいあざがある。
  • 顔面に黒いあざが出てきて目立つ。
疾患6

巻き爪・陥入爪の治療

  • 深爪をしてから爪の横に刺さりこみ、食い込んて痛い。
  • だんだん爪が丸く彎曲してきて、食い込むになってきた。
疾患7

鼻骨骨折(日帰り~1泊2日)

  • 転倒して鼻を打撲して歪んだ。
  • スポーツで鼻を強く打撲して鼻血があり、痛みが強い。
疾患8

腋臭症【わきが】(日帰り~2泊3日)

  • 腋のにおいが強く、下着が黄色くシミになることがある。
  • 家族や身近な人に指摘されて、困っている。
  • 市販のデオドラントスプレーなどで抑えれないほど、腋のにおいが強い。

治療費の目安

疾患 麻酔 入院期間 手術費用
(3割負担)
手術費用
(1割負担)
皮膚・皮下腫瘍 局所麻酔 日帰り〜1泊2日 ※大きさによって費用は変わります。
露出部 2〜4cmの場合
手術代11,010円+病理検査代3,070円

合計 14,080円
※大きさによって費用は変わります。
露出部 2〜4cmの場合
手術代3670円+病理検査代1023円

合計 4,693円
眼瞼下垂症
(両側)
局所麻酔 日帰り〜2泊3日 (手術費用)挙筋前転法
両側 48,000円
(手術費用)挙筋前転法
両側 14,400円
陥入爪手術 伝達麻酔 日帰り 一箇所 8,300円
(手術費用)
一箇所 2,490円
(手術費用)
鼻骨骨折 全身麻酔 日帰り〜1泊2日 手術費用7100円+麻酔費用20300円
合計 27,400円
手術費用2130円+麻酔費用6100円
合計 8,230円
レーザー治療
(太田母斑etc)
局所麻酔
全身麻酔
日帰り~1泊2日 ※大きさによって費用は変わります。
64cm2以上の場合
レーザー費用13166円+麻酔費用20300円

合計 33,466円
※大きさによって費用は変わります。
64cm2以上の場合
レーザー費用3950円+麻酔費用6100円

合計 10,050円
  • ※上記料金以外にも初診料、再診料、処方料、薬剤料、入院費用が別途かかります。
  • あくまで参考価格であり、大きさや麻酔時間、薬剤の使用量、入院日数等により費用は変わります。費用概算の算出をご希望の患者様は受診時にお申し付けください。

治療の流れ

治療の流れ

日帰り手術のメリット

  • 生活リズムを崩さずに手術を受けることができる。
  • 最低限の入院で済む。(長期入院の必要なし)
  • 医療費が安い(入院費用の負担が少ない)
  • 体への負担が軽い。