お問い合わせ よくある質問 交通案内

腎臓泌尿器科

男性不妊外来

不妊症は女性に原因があると考えられる事が多く、不妊でお悩みの方はまずレディースクリニックを受診される方が多いです。しかしWHO(世界保健機構)の不妊症原因調査では、男性のみ24%、女性のみ41%、男女とも24%、原因不明11%と報告されています。つまり男性側にも、約半分原因がある事になります。もしも男性に不妊原因があっても、ED(勃起不全)や射精障害を除き、まず自覚症状はなく、精液検査をして、初めてわかることがほとんどです。女性の場合は痛みを伴う検査もありますが、男性の場合は、全く痛みは伴いません。まずは精液検査をしましょう。

精液検査について

精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無などを検討します。精液は、2-3日の禁欲期間(射精しない期間)の後に、用手法(マスターベーション)で全量を採取します。病院で取るのが望ましいのですが、20℃から30℃程度に保持することが出来れば、自宅で採取して2時間以内に検査すればほぼ病院で採取した場合と同様の結果が得られることが多いと言われています。男性の精液性状は日に日に変動するため、悪い結果が出た場合でも、再度検査をして問題ないとされることもあります。

男性の主な障害について

精子は精巣(睾丸)の中で作られ、精巣上体という細い管を通り抜ける間に運動能力をえて、受精を行うことの出来る完全な精子となります。精巣での精子形成や、精巣上体での運動能獲得過程に異常があると、精子の数が少なくなったり、精子の動きが悪くなったり(精子運動率低下)、奇形率が多くなったりして、受精する力が低下します。

このような病態を「造精機能障害」と呼びますが、その一部の方は精索静脈瘤が関与すると言われています。精索静脈瘤は外科的手術によって造精機能障害が回復し得る可能性があります。

精液中の精子の数が極端(通常の1/100以下など)に少ない、あるいは運動率が極端に低い(20-30%以下)の場合は、高度の精液性状低下です。上記の造精機能障害のほかに、視床下部-下垂体で造精機能を司るホルモンの分泌低下による低ゴナドトロピン性性腺機能低下症、停留精巣の手術後やおたふく風邪による耳下腺炎性精巣炎によっても、高度の精液性状低下が見られることがあります。

無精子症とは、射出された精液の中に精子が全く見られない状態をいいますが、この中に精巣内では精子が作られているのに精液中に精子が出てこない閉塞性無精子症があります。代表的な疾患として先天性両側精管欠損症や精巣上体炎後の炎症性閉塞、鼠径ヘルニア手術等があります。

一方閉塞がないのに精子が全く作られていない無精子症もあり、そのほとんどは原因不明ですが、10-19%に染色体異常であるクラインフェルター症候群(47XXY)がみられます。無精子症だからと言われて決して諦めてはいけません。精巣内の精子を手術により回収して顕微授精することにより、挙児の可能性が出てきます。

また、当然のことながらED(勃起不全)や射精障害が原因で子供が出来ない方もたくさんいらっしゃいます。特に最近増えているのが膣内射精障害です。特に、子供を作らなければいけないという、精神的プレッシャーが余計にEDを助長させ、夫婦関係を悪化させる場合もあります。

どんな小さなお悩みでも対応させて頂きますので、まずは御相談下さい。

精巣やその上の精索部に静脈瘤(静脈の拡張)が認められ、これを精索静脈瘤と言います。精索静脈瘤は、一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められます。精索静脈瘤は、進行性に精巣機能を障害し、造精機能の低下や精子のDNA損傷を起こします。また、男性ホルモンの低下を起こします。二人目不妊の78%は精索静脈瘤による進行性精巣障害が原因です。つまり、精索静脈瘤が精子の老化の最大の原因となっています。また、睾丸付近の痛みの原因になっている事もよくあります。痛みが手術により治る可能性は約80%と言われています。

1)精巣サイズ

精巣前面をできるだけ陰のう皮膚に押しつけて、精巣の輪郭を際立たせ、精巣サイズを測定します。 14ml以上が正常で、12ml以下が小さいとされています。自宅で測る場合は、定規で縦(長い方)と横(短い方)を測定、容積(ml)=0.7×縦(cm)×横(cm)×横(cm)でおおよその容積を予測できます(横=幅と仮定)。 たとえば、縦4.5cm、横2.5cmとすると容積は0.7×4.5×2.5×2.5=20mlとなります。 左右差があり、左が小さい場合は左精索静脈瘤が疑われます。 精巣サイズが急に大きくなった場合は、精巣水瘤(陰のう水腫)・精巣腫瘍が疑われます。

2)陰のうの状態

射精までの精子の通過ルート

陰のうは寒い時には収縮し、温かい時には垂れさがり、温度調節を行っています。常に陰のうが垂れ下がっている場合は、陰のうの温度が常に高いことが考えられ、精索静脈瘤による可能性があります。陰のうのサイズに左右差があり、大きい陰のう側に精索静脈瘤があることがあります。一方、精索静脈瘤のある側の精巣サイズは萎縮します。陰のう側面の皮膚表面がでこぼこしている(袋のなかに虫がいるように見える、袋の中にうどんのようなものが入っている)などは、精索静脈瘤が疑われます。

また、特に左側に多いのが特徴です。

精索静脈瘤手術は、当院では1泊2日で可能ですので、変だなと思ったら受診して下さい。