お問い合わせ よくある質問 交通案内

救急受診をご希望される方へ

皆さんは、今まで「救急診療を受けたい」と思った時に、円滑な受け入れをしてもらえずに困ったご経験はありませんか?
当院救急は、歩いて受診される、救急車で来られる、すべての方の初期診療(しょきしんりょう)を年齢、病気・外傷や軽・重症を問わず行ないます。そして、帰宅可能の可否を判断し、必要があれば当院内外の適切な科(医師)に相談や紹介をします。
わたくしたちは、皆さんの受診したいというご希望に対し、最善をつくします。
ただし、皆さんには以下のことをご理解いただきます。

わたくしたちは、医師の診察前にバイタルサイン(血圧、脈拍、体温など)を評価し、必要に応じて問診票をお書きいただくか、あるいは看護師が病状をお聞きします。そして、より緊急性が高く、速やかに対応すべき患者さまを最優先に診察します。これを「トリアージ」といいます。そのため、診察の順番が受付された順番と必ずしも一致しません。さらに混雑時は、長い時間お待ちいただく場合もございます。
わたくしたちの提供する救急医療は、緊急性、重症度の高い病気や外傷を的確に把握し、すみやかに対応することを最優先しております。
緊急性、重症度の高い病気や外傷を認めた場合、当院で適切な治療ができない場合もあります。
その場合は、治療のできる医療機関に転送させていただきます。
緊急性の低い場合は、ご帰宅していただきます。必要があれば、当院内または他医療機関の適切な科(医師)を受診していただくようにお願いします。
緊急性の判断がすぐにできない場合もあります。そのような場合は、救急外来で経過を観察させていただくか、あるいは経過観察入院をお願いします。
ご自分で歩いて受診可能な場合は、お手数をおかけしますが、ご自分で当院までお越しいただき、救急車の利用はお控えください。救急車の適正利用にもご理解、ご協力ください。
救える命のために、皆さんのご理解、ご協力をお願いいたます。