お問い合わせ よくある質問 交通案内

産婦人科

担当医のご紹介

院長 産婦人科

今村 正敏(いまむら まさとし)

主な専門分野

産婦人科

経歴

昭和50年
奈良県立医科大学 卒業
徳之島徳洲会病院 院長
札幌東徳洲会病院 副院長
茅ヶ崎徳洲会病院 副院長

資格・所属学会

  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
  • 日本救急医学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 産業医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
  • 米国家庭医療学会(AAFP)会員
  • ALSO・BLSOインストラクター
  • NCPRインストラクター

皆さまへ

生駒市民の方々の期待に応えられるよう、医療水準を維持すべくEBM医療を提供するとともに、地域の声を病院運営に反映します。

産婦人科 非常勤医師

小林 八郎(こばやし はちろう)

主な専門分野

婦人科悪性腫瘍

経歴

昭和48年
京都大学医学部 卒業
国立大阪病院
兵庫県立塚口病院
比野病院
済生会野江病院

資格・
所属学会

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本産婦人科学会

皆さまへ

婦人科腫瘍の手術に関する相談に応じます。

お知らせ

婦人科では腹腔鏡手術に力を入れており、ロボット支援手術にも取り組んでいます。残念ながら、ロボット手術は保険適応となっていないため、手術に係る費用については自費診療です。身体への負担は、開腹手術はもちろん従来の腹腔鏡手術に比べても格段に少なくなっていますので、入院期間の短縮、身体の回復は非常に早くなります。興味のある方はご相談ください。

診療科の特色

陣痛は、新しい生命を誕生させるための痛みです。その痛みを利用した、できるだけ自然の出産を心がけています。 婦人科については卵巣のう腫、子宮外妊娠をはじめ良性疾患は腹腔鏡手術などできるだけ体への負担の少ない治療を心がけています。 また子宮筋腫の手術は開腹することなく経腟的に行うことも可能です。もちろん子宮がん、卵巣がんの診断、治療にも対応しています。地域の診療所、助産所からの紹介、里帰り分娩を多く受け入れています。診療治療の根拠を、個人の経験、出身大学等の方針によるのではなく、科学的な証拠にもとめています。不必要なあるいは効果が定かでない投薬、治療は行なわないよう努めています。母乳栄養を推進しています。母乳は赤ちゃんにとって最高の栄養です。ミルクは母乳に代わるものではありません。母乳栄養を推進するために、ユニセフの基準に従って院内ではミルクメーカーによる調乳指導を廃止し、ミルクなど金品の提供を断っています。